教員紹介「教えて!先生」

Enjoy Study! 頑張ってぜひ卒業してください!

情報マネジメント学部 情報マネジメント学科

川嶋 啓右教授

主な担当科目
  • 管理会計
  • 経営学特論
  • 国際経営論 など
  • インタビュー
  • 情報マネジメント

先生に、いろいろ聞いてみました!

川嶋先生は、先生になる前は何をされていたんですか?

教員になる前は、外資系の銀行員。
税理士資格を取り、教育者に。

教員になる前は、銀行員だったんです。大学を卒業してすぐにチェースマンハッタン銀行に入り、その後、モントリオール銀行に入りました。その時の経験から税理士資格を取り、大学の教員になりました。

担当する科目の中で、特に魅力的な科目を1つ教えてください

ビジネスの国際理解力を養う
「国際経営論」。

私の担当する授業は、経営学の発展的な知識について学んでいく内容ですが、この科目ではビジネスのグローバル化に伴う海外事情などの国際理解力を、川嶋独自の見解や考え方で紹介しています。

先生がいま主に取り組まれている研究テーマは?

「休むこと」によって
「効率性」が高まる、という研究。

組織、個人での「業務」と「休み」の兼ね合いについての研究ですね。この研究に取り組むようになったきっかけは、モントリオール銀行での勤務経験。残業が多かったので、あるとき逆に休みを優先にした業務をスケジューリングしてみたところ、残業が減ったのです。以来「休み」を経営学の観点から研究テーマにしています。研究は、社会に役立つことが最重要ですが、「休み」はその主旨に沿う研究だと思っています。

先生自身の「お休みの日」は、何をして過ごしているのですか?

講義準備の合間には「野球」。
観るよりも、自分でプレーをする方が好きなんです。

東京通信大学の講義準備です(本当です)。なかなか講義の準備が終わりません…(笑)。その合間には、野球ですね。実は観るよりも、自分でプレーをする方が好きなんです。

そんな「休み」の中で、ご自身の研究テーマを意識してしまうことは?

何気ない情報も研究に結びつく。
「休み」はまさに「生活密着」の研究テーマ。

そうですね…オフに新聞や雑誌を読んでいても、スポーツや料理など何気ない記事まで、自分の研究に結びつけてしまうことはあります。「仕事」は組織に関係しますが、「休み」は個人と関係しますので、私たちの普段の生活にも密着しているんです。

先生の「コレがお気に入り!」

ドジャース時代の野茂投手のサイン色紙
野茂投手のファンです。ちなみに、 20代後半L.A.に2年間いましたので「I love Dodgers」です。
CARAN d’ACHE のボールペン。
スイスの友人から誕生日にもらったボールペンです。すごく書き味が良い。
経営が初めて理解できた本。 『経営史』(本位田祥男著)
大学時代、つまらない授業だと思っていた講義でしたが、試験前にその先生の本を読んで、経営のことが初めてよく理解できたと感じた本です(でも今は絶版かな…)。
アクション+音楽の醍醐味。映画『007 ゴールドフィンガー』
映画の「アクション+音楽」ということを初めて感じさせてもらったので、強い印象として残っています。
先生から、学生のみなさんへ。

Enjoy Study !

座右の銘は「責任と誠実」。頑張ってぜひ卒業してください!
Enjoy Study !

※プロフィール・職位等の記載内容はすべて2019年9月取材当時のものです。

入学に関する問合せ

入学相談室:03-3344-2222
(10:00~20:00 日曜・祝日、8/13~15、12/26~1/5を除く) nyugaku@internet.ac.jp

TOP