専門教育科目:情報マネジメント学部情報マネジメント学科

情報マネジメント学部の専門教育科目は、情報学を実践する3つの分野を履修します。
人間社会と人間そのものについて学ぶ「情報社会」、システムからセキュリティ、プログラミングについて学ぶ「情報システム」、社会や組織の分析・管理・運営を学ぶ「マネジメント」にわかれ、総合的な「情報マネジメント」を実践します。

<授業形態について>
・メディア ・・・ PCやスマートフォン等で受講できるメディア授業

専門教育科目:情報システム

プログラミング

科目名 初級プログラミングI
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 1年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

コンピュータがプログラムによって動くことを学び、そのプログラムを作り上げるプログラミングという知的活動の基本を学ぶ。正誤自動判定機能のある実習環境を使い、実際に自らC言語でプログラミングを行うことによって学びを深める。具体的には以下の各項目を順に学ぶ。
1)コンピュータとプログラミングについての基本知識
2)入力データの処理、ファイルの処理について
3)文字の処理、文字列の処理、長桁計算について
4)プログラムとコマンドについて

科目名 初級プログラミングII
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 1年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

プログラミングでは、プログラムが果たすべき機能(仕様)と、実現している内容(実装)の両方を明確にし、そこに齟齬がないことを確認することが大切であることを学ぶ。その基礎となる集合や論理(離散数学)についての復習とともに、正誤自動判定機能のある実習環境を使い自らC言語でプログラミングを行って学びを深める。具体的には以下の各項目を順に学ぶ。
1)プログラムの仕様・実装について
2)関数、再帰とそれらを用いたプログラムについて
3)動的計画法、整列、探索について
4)データの構造化、グラフ処理、解の探索について

科目名 初級プログラミング演習I
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

コンピュータがプログラムによって動くことを学び、そのプログラムを作り上げるプログラミングという知的活動の基本を学ぶ。正誤自動判定機能のある実習環境を使い、実際に自らC言語でプログラミングを行い、他人のプログラムを評価することによってさらに学びを深める。具体的には以下の各項目を順に学ぶ。
1)入力データの処理、ファイルの処理について
2)文字の処理、文字列の処理、長桁計算について
3)プログラムとコマンドについて

科目名 初級プログラミング演習II
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

プログラミングでは、作ろうとするプログラムが果たすべき機能(仕様)と、プログラムで何をどのようにやらせるか(実装)の両方を明確にし、そこに齟齬がないことを確認することが大切であることを学ぶ。正誤自動判定機能のある実習環境を使い、実際に自らC言語でプログラミングを行い、他人のプログラムを評価することによってさらに学びを深める。具体的には以下の各項目を順に学ぶ。
1)関数、再帰を用いたプログラムについて
2)動的計画法、整列、探索について
3)データの構造化、グラフ処理、解の探索について

科目名 初級オブジェクト指向プログラミング
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

オブジェクト指向プログラミングの基礎知識について学ぶ。従来のプログラミングとの違いを理解し、クラス、オブジェクト、インスタンス、メソッド、カプセル化、メッセージ、継承などのオブジェクト指向の基本概念を理解し、それに基づいたプログラミング言語Pythonの具体例について理解する。
1)プログラミング言語 Python の基本について
2)Pythonの基本構文、利用方法
3)Pythonのプログラム例
4)Pythonによる連立一次方程式の解法

科目名 初級セキュアプログラミング
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

最近、脆弱なコンピュータシステムに対する攻撃が数多く発生しており、社会全体に対して大きな影響を与えている。本授業では、ソフトウェアの脆弱性を生む原因を学ぶと共に、脆弱性を回避するプログラムの実装方法や、攻撃に強くセキュアなソフトウェアを構築・運用するときに役に立つ、ガイドライン、ツール などについて学ぶ。
1)セキュアプログラミングの概要
2)バッファオーバーフロー、SQLインジェクション
3)メタデータとXMLについて
4)Webアプリの脆弱性と対応策

科目名 データ構造とアルゴリズムI
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

ソフトウエアを開発・解析する際に用いられる基礎的な概念を理解する。まず、アルゴリズムの性能を分析するために必要となる計算モデルの概念を理解する。次に、データの記述の基本となるデータ構造と配列、分類のアルゴリズム、再帰的データ構造等を理解する。具体的には以下を修得する。
1)計算のモデルとしてランダム・アクセス機械を使ってアルゴリズムと複雑さ
2)基本的なデータ構造として、データ型の概念、配列構造、集合構造、いくつかの分類法
3)再帰的プログラム、再帰的データ型、木構造、最適探索木など

科目名 データ構造とアルゴリズムII
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

ソフトウエアを開発・解析する際に用いられる基礎的な概念を理解する。まず、集合構造の基本的操作を理解し、代表的な探索アルゴリズムを理解し、効率のよいアルゴリズムの理解を深める。また、アルゴリズムの効率を測る尺度としての計算量を理解し、現実的に計算不可能な問題にも触れる。具体的には以下を修得する。
1)集合構造、2分探索法、有向グラフの優先探索、効率の問題
2)ソーティングや集合を操作する問題、グラフのアルゴリズム
3)アルゴリズム設計によく使われる整数や多項式の算術演算や算術演算の下限

科目名 プログラミング演習I
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 1学期
授業の概要

この講義ではプログラミングの応用として、Webブラウザやスマートフォンで動作するアプリケーションを作成することを目標として、Webの技術を中心として学習する。
具体的にはHTML、CSSについて学習し、JavaScriptによるプログラミングを基礎から学ぶ。何らかのプログラミング言語について学習していることを前提とはしないが、学習者自らが試行錯誤しながら取り組むことを期待する。

科目名 プログラミング演習II
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 2学期
授業の概要

この講義では、「プログラミング演習I」に引き続き、この講義ではプログラミングの応用として、Webブラウザやスマートフォンで動作するアプリケーションを作成することを目標として、Webの技術を中心として学習する。
オブジェクト指向言語としてのJavaScriptを学習し、Canvas要素を利用した画像の描画や物理エンジンを利用したモデリングを行う。

科目名 プログラミング演習III
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 3学期
授業の概要

商品開発においてプロトタイピングという手法が今日広く使われている。IDE等のソフトウェアにおけるラピッドプロトタイピングツールに対し、電子工学の深い知識がなくても様々な入出力デバイスを繋いで非常に簡易に安価にフィジカルコンピューティングが出来る製品と方法論が編み出されている。これを用いて初歩的な知識の獲得からプログラミングできる能力を身に付ける。
1)プロトタイピング手法の理解
2)フィジカルコンピューティングの知識
3)Arduinoを利用することができる能力
4)初歩的な電子工作を交えたプログラミング能力

科目名 プログラミング演習IV
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 4学期
授業の概要

基礎的な電子工作とプログラミングの知識と能力があればひと通りのプロトタイピングが出来るようになるが、様々な局面においてフィジカルコンピューティングを実践していくには、入出力のためのモーターやスピーカ、センサーと云ったデバイスを繋ぐための知識と経験が伴に必要になるため実践的な例を通して演習し理解を深める。
1)フィジカルコンピューティングとそれに類する技術の理解
2)フィジカルコンピューティングの実践的な応用ができる能力の獲得
3)フィジカルコンピューティングで様々な電子部品や素子を利用できる能力の獲得

情報システム

科目名 ソフトウェア総論I
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

コンピュータで扱えるデータがどのようなものがあるか、数値や文字だけでなく色々なデータ形式が扱えることを理解する。また、それを扱うソフトウェアがプログラム言語によって作成されること、プログラミング言語も幾つかの種類があり多様性があることをプログラミングの初歩も踏まえ学ぶ。各種のアプリケーションソフトウェアはそれらプログラミング言語で記述されていることを理解する。
1)コンピュータで扱うデータの理解
2)プログラミング概念の習得
3)アプリケーションソフトウェアやデータベースの理解

科目名 ソフトウェア総論II
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

通信路や符号化といった情報理論、アルゴリズムなどの基礎を習得した上で、オペレーティングシステム(OS)など中心となるソフトウェアに関する理解を深め、それらのソフトウェアの上に実際のアプリケーションやミドルウェアと呼ばれるソフトウェアがどのような構造をし、どのように作られるかを理解する。
1)情報理論の初歩的な概念の理解
2)オペレーティングシステムの構造と役割の理解
3)アプリケーションプログラムの構造の理解

科目名 ハードウェア総論I
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

ソフトウェアを動作させる基盤として存在するハードウェアの基本を学ぶ。特にコンピュータを構成する部品や素子、それらを使用する電子回路の動作原理やコンピュータのアーキテクチャの知識を習得する。また、コンピュータの手足となる入出力機器やデータを格納するメモリやストレージやそれら機器に電気を供給する電源やバッテリーなどの知識を理解する。
1)ハードウェアを構成するものの理解
2)コンピュータの構成についての理解
3)コンピュータの各部の技術についての理解

科目名 ハードウェア総論II
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

基礎的なハードウェアの知識だけでなく、コンピュータが開発されてきた歴史的経緯を含めた総合的な見識を得ることは、ハードウェアに留まらずさらなるソフトウェアおよびシステム理解に不可欠である。また、コンピュータ技術は日進月歩で高性能化しており、その要素としての電子素子や回路などの基礎を根底とし、実装や製造の知識も踏まえ理解していく。
1)コンピュータの歴史を理解
2)コンピュータの高性能化の技術の理解
3)コンピュータを構成する基礎的な電子技術の理解
4)コンピュータの実装技術の理解

科目名 システム総論I
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

通信、ウェブ、インターネットという広域システムからパーソナルコンピュータなどの個のシステムを俯瞰し、世の中に存在するITに関する様々なシステム事例を踏まえることによりシステムとは何かという概念を習得する。また、それらシステムをどのように設計されどのように構築されているかという方法論にも触れ理解していく。
1)システムの概念的理解
2)パーソナルコンピュータと様々なシステムとの関係性の理解
3)システム設計の方法論の理解

科目名 システム総論II
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

情報社会とセキュリティは表裏一体であり、金融や社会インフラにおいて欠くことのできない要素となっている。そのセキュリティを構成する各々の理論や技術を理解する。さらに分散システム、人工知能、クラウドコンピューティングといった最新技術の基礎を理解しシステム信頼性の概念を習得することにより、システムとは何かという理解を深める。
1)システムとセキュリティの関係性の理解
2)システムと信頼性に関しての理解
3)世の中に存在する様々なシステムの知識獲得
4)システムの最新技術の知識の習得
5)ITや社会インフラに関するシステムの事例の理解

科目名 システム設計I
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

情報ネットワークを用いて新しいビジネスを創出するには、新しいビジネスを支える情報システムが必要になる。そこで、情報システムを開発または構築するために、開発手法および構築方法について理解し、開発プロジェクトおよび構築プロジェクトに参画し、プロジェクトの計画ができるようになる。
1)情報システムの開発手法および構築手法について理解する。
2)情報システムの設計に必要な手法について理解する。
3)設計における留意事項について理解する。

科目名 システム設計II
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

情報ネットワークを用いて新しいビジネスを創出するには、新しいビジネスを支える情報システムが必要になる。そこで、情報システムを開発または構築するために、開発手法および構築方法について理解し、設計から導入までプロジェクトに参画できるようになる。また、運用を意識したシステム設計ができるようになる。
1)開発手法および構築手法の概要を理解する。
2)開発および構築で必要なドキュメントについて理解する。
3)情報システムがどのように運用されるかについて理解する。

科目名 データベース論I
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

データベースは、文字通りデータの基地(Base)であり、情報を効率的に蓄積し、取り出し、操作する方法やシステムのことをいう。より具体的には、世界的に標準的なリレーショナル・データベース・マネジメント・システム(Relational Database Management System、RDBMS)の利用と管理について、Structured Query Language(SQL)を利用して学習する。
このようなデータベースは、日頃はあまり意識をしていないかもしれないが、例えばWebブラウザーのお気に入り(ブックマーク)の管理や、スマートフォンの中でも利用されている、ごく身近なものである。コンピュータの中で情報をどのようにコントロールするかという、比較的本質的な話題でもある。各種プログラミングとあわせて学習することを勧める。

科目名 データベース論II
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

この講義では、「データベース論I」に引き続き、リレーショナルデータベースマネジメントシステム(RDBMS)の利用と管理について学習する。
まず、データベース・スキーマの設計方針について学習し、単一の表ではなく複数に分割する意義について学習する。続いて、複数の表の様々な結合方法について学習する。また、表以外のデータベースオブジェクトについても学習する。

科目名 インターネット技術I
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

現代社会では、インターネットの利用技術も進化し仕組みを知らなくても使いこなすことが可能となった。しかし、より高度な利用技術開発、セキュリティ事故対処等には、仕組みの知識が必須である。本講義では、インターネットの通信プロトコルと通信の高信頼化技術を理解する。具体的には以下を修得する。
1)インターネットの歴史とTCP/IPの概要を知る。
2)データのトラフィック制御とIPの関連を理解する。
3)伝送データの信頼性を高める技術の概要を知る。

科目名 インターネット技術II
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

現代社会では、インターネットの利用技術進化し仕組みを知らなくても使いこなすことが可能となった。しかし、より高度な利用技術開発、セキュリティ事故対処、インターネットの高度な活用を実践するためには、仕組みの知識が必須である。本講義では、インターネットの通信プロトコルと通信の高信頼化技術について理解するとともに、これからのインターネット技術の変化について学ぶ。
1)ネットワークの階層モデル
2)DNS、電子メール、経路制御のプロトコル
3)HTTP、ストリーミングのプロトコル
4)インターネットアプリケーションの技術

科目名 サーバ構築演習I
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 3学期
授業の概要

「サーバ」(Server)とは、サービスを提供するものという意味である。インターネットでは、クライアント・サーバモデルで提供されているサービスが大半である。
この講義ではインターネットで利用されている各種サービスに対応したサーバの構築を通じて、実践的にインターネットのサービスについて学び、そこで利用されている通信規約である各種プロトコルを正しく理解することを目指す。

科目名 サーバ構築演習II
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 4学期
授業の概要

この講義では、「サーバ構築演習I」に引き続き、インターネットの各種サービスに対応したサーバの構築を通じて、実践的にインターネットのサービスについて学び、そこで利用されている通信規約である各種プロトコルを正しく理解することを目指す。
「サーバ構築演習II」ではデータベースサーバ、Webサーバ、システム監視サーバの構築を行う。

情報とセキュリティ

科目名 社会とサイバーセキュリティ
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

近年の情報ネットワークは、通信だけでなく、金融・交通・ライフライン等の安定運用や遠隔制御に密接にかわり複合的な情報社会基盤を形成するようになった。これは、情報ネットワークの脆弱性が、情報社会基盤の危殆化、さらには人々の安心・安全に直接影響することを意味する。本講義では、情報ネットワークを攻撃する、いわゆるサイバーテロの被害に巻き込まれない、加担しないための対処方法について理解する。具体的には以下を修得する。
1)サイバーセキュリティの関連用語と概要を知る。
2)サイバー攻撃の事例や攻撃手法について技術の概要と事例を知る。
3)サーバー空間で、自分の身を守る方法と被害を広めない対策について基本を知る。

科目名 情報セキュリティI
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

現代社会では、情報システムを取り巻く問題として、セキュリティに起因する問題が多発している。本講義では、情報システムの安心・安全の担保に必須なセキュリティ技術として、その要素技術となる暗号関連の理論と技術を理解する。具体的には以下を修得する。
1)情報セキュリティの概念と現代暗号の理解に必要な基礎的数学の知識を理解する。
2)共通鍵暗号と公開鍵暗号およびそれらの利用時に意識すべき技術を理解する。
3)社会生活での情報セキュリティを高める技術の概要を知る。

科目名 情報セキュリティII
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

現代社会では、情報システムを取り巻く問題として、セキュリティに起因する問題が多発している。本講義では、情報セキュリティの基礎となる暗号要素技術を既知として、セキュリティ関連プロトコルやセキュリティサービスに関連する技術を理解する。具体的には以下を修得する。
1)暗号技術とインターネットの仕組みの概要を理解する。
2)暗号関連およびインターネットセキュリティのプロトコルを理解する。
3)情報セキュリティ関連のサービス、倫理・管理、その他トピックの概要を知る。

科目名 情報セキュリティと人間心理I
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

現代社会では、国家や企業の機密情報から個人情報まで、情報の漏えい防止や安全管理が必須となっている。しかし近年は、特定の個人を標的とした高度な攻撃が増加し、ハードウェアでは防ぎきれない脆弱性が問題となっている。この種の攻撃に対処するためには、人間心理から行動を分析できる新たな情報セキュリティ技術が必要となる。本講義では、ソーシャルエンジニアリングを選択理論心理学の視点で理解する。具体的には以下を修得する。
1)人間心理を利用した情報資産・情報セキュリティへの攻撃の例を知る。
2)脳をコントロールシステムと考え、標的の思考が攻撃者の情報提供により変化する仕組みを理解する。
3)ソーシャルエンジニアリング攻撃の目的等の状況分析および第一段階の対処を理解する。

科目名 情報セキュリティと人間心理II
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

現代社会では、国家や企業の機密情報から個人情報まで、情報の漏えい防止や安全管理が必須となっている。しかし近年は、特定の個人を標的とした高度な攻撃が増加し、ハードウェアでは防ぎきれない脆弱性が問題となっている。この種の攻撃に対処するためには、人間心理から行動を分析できる新たな情報セキュリティ技術が必要となる。前講義では、SE攻撃で標的の思考が操作される可能性を示した。本講義では、標的の行動が操作される可能性を理解する。具体的には以下を修得する。
1)前講義の内容を理解し、SE(ソーシャルエンジニアリング)攻撃の状況を説明する。
2)脳をコントロールシステムと考え、攻撃者または標的者が行動を選択する仕組みを理解する。
3)標的の行動および攻撃者の願望を分析し、第二段階の対処を理解する。

科目名 データ匿名化演習I
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

情報化社会の発展に伴い個人情報の扱いはビジネス側・消費者側共に強い関心事項になっている。改正された個人情報保護法では匿名化処理をしたデータのビジネス利用が可能になった。そこで、改正された個人情報保護法を理解し、個人情報の含まれたデータの適切な管理とビジネスにおける活用ができるようになる。
1)個人情報保護法について理解する。
2)個人情報を含むデータの取り扱い方法を理解する。
3)個人情報に関する社会問題について理解する。

科目名 データ匿名化演習II
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

情報化社会の発展に伴い個人情報の扱いはビジネス側・消費者側共に強い関心事項になっている。改正された個人情報保護法では匿名化処理をしたデータのビジネス利用が可能になった。そこで、改正された個人情報保護法と匿名化処理を理解し、個人情報の含まれたデータの適切な管理とビジネスにおける活用ができるようになる。
1)匿名化処理を理解する。
2)データ分析方法について理解する。
3)匿名化データに関する社会問題について理解する。

科目名 情報マネジメント戦略I
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 4年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

組織活動は様々な情報を的確に管理・活用することによって目的を達成する必要がある。あるは情報の管理方法を間違えることによって、組織活動そのものが失敗に終わることもある。そこで、組織活動で必要となる情報を適切に活用するために、情報の価値と管理方法を理解し、身の周りで扱う情報を適切に管理できるようになる。
1)身の周りの情報の価値を理解する。
2)情報の管理方法を理解する。
3)情報を管理するためのICTツールを理解する。

科目名 情報マネジメント戦略II
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 4年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

組織活動は様々な情報を的確に管理・活用することによって目的を達成する必要がある。あるは情報の管理方法を間違えることによって、組織活動そのものが失敗に終わることもある。そこで、組織活動で必要となる情報を適切に活用するために、情報の価値と管理方法を理解し、機密情報を適切に管理して組織活動を推進できるようになる。
1)マネジメントシステムに基づいた情報管理について理解する。
2)財産的情報の管理について理解する。
3)個人情報およびマイナンバーの管理について理解する。

入学に関する問合せ

入学相談室:03-3344-2222
(10:00~20:00 日曜・祝日、8/13~15、12/27~1/5を除く) nyugaku@internet.ac.jp

TOP