情報マネジメント学部
マーケティング・社会調査モデル

  • 学士取得
  • 社会調査士 取得可能(スクーリング要)

データ分析、マーケティングに
特化して学ぶ

マーケティング・社会調査モデル

情報学を中心とし、現代の市場を取りまく環境としての情報化社会のありかたや、組織や社会の一員である人間の意識や行動を把握するための基礎知識を学習。
市場リサーチやデータ分析を通じて得た社会情報をエビデンスとして、企業・組織の戦略や行動を適切に選択し、市場に適した製品・サービスの企画や開発に寄与し得る人材を育成します。

目指せる資格

必要単位を修得することにより取得可能

  • 社会調査士

受験し合格することにより取得可能

  • 日商簿記2級・3級
  • 販売士3級
  • ビジネスマネージャー
  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
  • 年金アドバイザー3級
  • 3級ファイナンシャル・
    プランニング技能士
  • 個人情報保護士

※社会調査士の資格取得には、スクーリングが必要です。

社会調査士とは

社会調査の知識や技術を用いて、世論や市場動向、社会事象等を読み解く「調査のエキスパート」。数多くの情報で溢れる現代社会のなかで、データを正しく収集・分析し、活用することができる社会調査士が、企業、新聞社、放送局、自治体の調査部門など、様々なフィールドで活躍しています。

目指せる将来像

  • 一般企業のマーケティング担当者
  • 一般企業の商品・サービスの企画・開発の担当者
  • 調査会社の専門職
  • シンクタンクの専門職
  • データアナリスト

身につく力

  • 市場の動向を、適切に調査・分析できる
  • データ分析により、市場ニーズを捉えた製品やサービスを企画・提案・開発できる

特徴的な科目

社会情報処理
社会についての現状認識を行うための情報を得る方法として統計的なデータ分析を位置付け、その考え方と手法を学ぶ。特に記述統計学の知識を学び、統計量を計算する方法を実践的に学ぶ。
質的調査
社会調査の意義や倫理の問題を踏まえつつ、フィールドワーク、参与観察、インタビューなど、対象や内容に合わせた様々な質的調査の方法を紹介する。
ビジネスデータ分析
経営の意思決定に利用されるビジネスデータ分析技術について学ぶ。また、インターネットで入手できる現実のデータの分析と解釈を行うことを通じて実践的なデータの活用能力を涵養する。
ネット依存と心理
インターネット依存の要因は様々な指摘があるが、心理的側面に大きな要因があると考えられる。ネット依存に関する研究を概観し、現在、身の回りで生じている問題と対策方法について考える。
社会統計学
実社会におけるさまざまなデータを分析し、社会の一部としての標本データから社会全体としての母集団の特性を推論するための方法である推測統計学の基本的な考え方について学ぶ。
社会調査演習
社会調査の企画と実施について実際に体験を通じて学習する。社会調査や統計学の基礎科目の知識を前提に、統計的な社会調査の実施概要について自ら企画する。授業内容の一部にスクーリングを含む。
マーケティング概論
社会に必要不可欠な活動である、マーケティングの定義と基本的な用語、消費者市場とビジネス市場のそれぞれの特徴、市場の細分化、ターゲット市場の決定、ポジショニングについて学ぶ。
テクノロジーマーケティング
コア技術により創出された製品を市場に投入しビジネス化するために、技術開発からマーケットインまでのプロセスについて理解し、新商品のビジネスを確立できるようになる。

入学に関する問合せ

入学相談室:03-3344-2222
(10:00~20:00 日曜・祝日、8/13~15、12/27~1/5を除く) nyugaku@internet.ac.jp

TOP