情報マネジメント学部
経営・マネジメントモデル

  • 通学不要
  • 学士取得
  • マネジメント

社会や経営に関わるマネジメントに
特化して学ぶ

経営・マネジメントモデル

マネジメントを中心として、情報学とメディアに関する基礎知識を学習。
企業の会計、財務、組織運営に関する知識を兼ね備え、問題発見と対応策を柔軟な視点で考察できる人材を育成します。

目指せる資格

受験し合格することにより取得可能

  • 日商簿記2級・3級
  • 販売士3級
  • ビジネスマネージャー
  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
  • 年金アドバイザー3級
  • 3級ファイナンシャル・
    プランニング技能士
  • 個人情報保護士

目指せる将来像

  • コンサルタント
  • ビジネスプロジェクトマネージャ
  • 一般企業の経営・管理部門の担当者
  • 起業家、経営者

身につく力

  • マネジメントの知識を持ち、問題発見や対応策の提案ができる
  • 実践的なビジネススキルを持ち、企業や組織のリーダーとして活躍できる

特徴的な科目

経営学入門
企業経営における基本的な知識を学ぶことを中心とするが、それに伴う基礎的な経営用語の解説も随時行う。また、経営に関する考え方や理論、国際化の問題などについても学ぶ。
マーケティング概論
社会に必要不可欠な活動である、マーケティングの定義と基本的な用語、消費者市場とビジネス市場のそれぞれの特徴、市場の細分化、ターゲット市場の決定、ポジショニングについて学ぶ。
経営戦略
トップ企業がトップであり続けることは難しい、日々変化する市場環境の中で、競争優位を構築するために必要な経営戦略について、理論と実践の両面を具体的な事例を通じて学ぶ。
簿記各論
経理知識と会計思考を身につけ、基本的な商業簿記を習得し、経理関連に関わる実務的な事務処理の業務に応用できることを目指す。日商簿記3級の検定試験対策としても有用である。
財務会計概論
日商簿記検定3級やビジネス会計検定3級を目指す基本的知識を理解する。また、会計の知識だけではなく、本を読む力やプレゼンテーション能力も向上させられるように意識して進める。
行政法
行政とは何か、行政法とは何か、という基本的なところから始め、法律が行政を通じて政策目的を具体的に実現してゆくプロセスと、そこにおける特殊な法的現象を考えていく。
メディアの社会学
話し言葉から文字、印刷、テレビを経て、インターネットにいたるメディアの歴史を学ぶことによって、私たちを取り囲むさまざまなメディアの特質を理解できるようになることが目的である。
情報メディアとデザインの文明論
人間社会のコミュニケーションを担う情報メディアと文化的デザインの変遷、そして、今後の社会ではどのような変化が見られるのかを、議論によりながら検討する。

入学に関する問合せ

入学相談室:03-3344-2222
(10:00~20:00 日曜・祝日、8/13~15、12/27~1/5を除く) nyugaku@internet.ac.jp

TOP