専門教育科目:人間福祉学部人間福祉学科

人間福祉学部の専門教育科目は、4つの分野を総合的に学びます。
人間の個別性と多様性を理解するための「人間福祉基礎」、人間の生活を支える福祉を体系的に学ぶ「社会福祉」と「精神保健福祉」、地域包括ケアの理論・包括ケアの構成要素等を学び、さらに保健・医療・看護の分野も学ぶ「包括ケア」。これらの科目を学ぶことで、従来の専門的福祉教育に、包括ケアの知識を身につけます。

<授業形態について>
・メディア ・・・ PCやスマートフォン等で受講できるメディア授業
・スクーリング ・・・ スクーリング会場で行われる授業
・実習 ・・・ 福祉施設・機関で行われる実習

専門教育科目:社会福祉

人間生活のシステム

科目名 高齢者に対する支援と介護保険制度I
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

人口高齢化の進行により、わが国は世界有数の高齢社会となり、様々な課題を抱えている。そこで、高齢者の生活の実態と、わが国の高齢者福祉の発展過程を学習する。高齢者の生活実態や高齢社会の状況や課題について理解した上で、明治時代以降から昭和時代の老人福祉法の制定、平成時代の介護保険法制定までの高齢者福祉の歴史を学習する。
1)高齢者の生活実態や高齢社会について学ぶ。
2)明治時代以降から1990年代頃までの高齢者福祉の歴史を学ぶ。
3)介護保険制度の創設をはじめ、最近の高齢者福祉の歴史を学ぶ。

科目名 高齢者に対する支援と介護保険制度II
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

介護保険制度は、従来の老人福祉制度の世界を大きく変えたものであり、高齢者に対する支援策の中で最も重要な制度である。そこで、介護保険制度の創設の経緯や目的、仕組み、介護保険制度により提供される各種サービスの具体的な内容について学ぶこととする。
1)介護保険制度創設の経緯・時代的背景について学ぶ。
2)介護保険制度の目的や行政・福祉サービスの仕組みについて学ぶ。
3)介護保険制度における介護関連の各種サービスについて学ぶ。

科目名 高齢者に対する支援と介護保険制度III
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

介護保険制度は、国、都道府県、市町村の公費負担と保険料を財源としている。さらに、行政機関やサ―ビス事業者、介護専門職など大勢の組織・機関・人によって支えられている。介護保険制度の財源や介護報酬、支え手や基盤整備、サービスの質の確保策、施行以来の改正経緯、ケアマネジメントの方法などを学習する。
1)介護保険制度の財源や保険料について学ぶ。
2)介護保険制度を支える組織や機関、専門職について学ぶ。
3)介護保険制度実施以降の改正経緯について学ぶ。
4)ケアマネジメントの方法について学ぶ。

科目名 高齢者に対する支援と介護保険制度IV
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

地域包括ケアシステムの構築や認知症対策の重要性が増している。また、終末期ケアや住まいの問題も重要である。そこで、地域包括ケアシステムの内容や、認知症対策、終末期ケア、高齢者の住環境などを学習する。さらに、世界の介護保障システムの比較を通じて、我が国の高齢者支援の今後の課題を学習する。
1)地域包括ケアシステムについて学ぶ。
2)認知症対策や終末期ケア、住環境などについて学ぶ。
3)世界の介護保障システムを比較する。

科目名 福祉サービスの組織と経営I
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

本講義では、福祉サービスについてその特徴を利用者、事業者の立場から理解する。併せて、サービスを提供する組織とその経営管理について基礎的な知識を身につけることを学ぶ。
1)福祉サービスに係る組織や団体(社会福祉法人、医療法人、特定非営利活動法人、営利法人、 市民団体、自治会など)について学ぶ。
2)福祉サービスの組織と経営に係る基礎理論について学ぶ。
3)経営戦略の基礎概念、集団力学・リーダーシップに関する基礎理論について理解する。

科目名 福祉サービスの組織と経営II
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

本講義では、「福祉サービスの組織と経営I」で学ぶ、福祉サービスについてその特徴を利用者、事業者の立場から理解およびサービスを提供する組織とその経営管理についての基礎的な知識を基に、実際の福祉サービスの管理運営の方法について理解を深める
1)福祉サービスのサービス管理について学ぶ。
2)福祉サービスの人事管理と労務管理について学ぶ。
3)福祉サービスの会計管理と財務管理について学ぶ。
4)福祉サービスの情報管理と戦略的広報について学ぶ。

科目名 就労支援サービス
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

障害者や低所得者の就労の現状を踏まえながら、相談援助活動において必要とされる各種の就労支援制度・サービス、および就労支援に係る組織・団体と専門職の役割について理解するとともに、様々な関連専門機関との連携についての理解を深めることを目的とする。
1)労働の権利性について理解する。
2)労働とそれを支えることの意義を理解する。
3)相談援助活動において必要となる就労支援制度を理解する。
4)就労支援組織と専門職の機能について理解する。
5)就労支援分野の連携について理解する。

科目名 更生保護制度
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

社会福祉の専門職が相談援助活動をする上で必要となる更生保護制度に関して理解をしていく。さらに、更生保護を中心として、刑事司法・少年司法分野で活動をする組織、団体及び専門職のことに関しても学んでいく。そして、刑事司法・少年司法分野におえる他機関等との連携のあり方についても考えていくこととする。
1)更生保護制度の概要について学ぶ。
2)更生保護制度の担い手について学ぶ。
3)更生保護制度における関係機関・団体との連携と実践について学ぶ。

科目名 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度I
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

ウェルフェア中心の「児童福祉」からウェルビーイングをも見据えた「児童家庭福祉」への転換が求められるようになったことを踏まえ、児童家庭福祉の制度や実践に関する知識や倫理等に目を向けながら、社会全体が子どもの育ちに責任を負う共助の社会を目指すことの意義とその実践について論究する。
1)児童家庭の生活実態やそれを取り巻く社会情勢を踏まえ、児童家庭福祉の理念を理解する。
2)児童家庭福祉制度の変遷や法律を理解する。
3)児童家庭福祉制度の現状や課題を理解する。

科目名 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度II
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 3年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

児童や家庭に対する支援は、地域に目を向け、ネットワークや社会資源の創出などにも視野を広げていくことが求められており、また、そのライフスタイルの多様化から多様なニーズを抱えた児童や家庭への支援が必要である。そのような支援の実際を確認しながら考えていくことを目指す。
1)児童・家庭の生活実態やそれを取り巻く社会情勢や福祉の需要を理解する。
2)児童・家庭福祉制度における法律について理解を深める。
3)児童・家庭福祉制度における組織や専門職の役割と実際について理解を深める。

相談援助の知識

科目名 相談援助の基盤と専門職I
単位数 2 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

この授業では、社会福祉の原理・原則や制度を基盤とし、相談援助を中心とする社会福祉実践に必要な専門的援助技術の体系を明らかにし、社会福祉援助活動の意義、目的と原則及び過程を理解した上で、ソーシャルワーク(相談援助)の基本概念、人権尊重、社会正義等ソーシャルワークが寄って立つ理念について学習する。具体的には以下の内容を取り上げる。
1)社会福祉士の役割と意義
2)相談援助の定義と構成要素
3)相談援助の形成過程
4)相談援助の理念

科目名 相談援助の基盤と専門職II
単位数 2 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

「相談援助の基盤と専門職I」では、社会福祉の原理・原則や制度を基盤とし、社会福祉援助活動の意義、目的と原則及び過程を理解した上で、ソーシャルワーク(相談援助)の基本概念、人権尊重、社会正義等ソーシャルワークが寄って立つ理念についても学習した。この授業では、以下の内容を取り上げて学ぶこととする。
1)専門職としてのソーシャルワーカーの概念
2)基本的に備えておくべき「倫理」や「価値」について
3)さまざまな技術の基本、関連領域との連携や多職種との協働体制に基づくチームアプローチについて

科目名 相談援助の理論と方法I
単位数 2 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

相談援助とは何かについてソーシャルワーカーの具体的な援助事例を通して学び、相談援助の定義及び構造と機能を理解する。ソーシャルワーカーの援助の視点である「人と環境の相互作用」について学習し、信頼関係に基づく専門的援助関係や社会資源について学習する。
1)相談援助における人と環境との交互作用に関する理論について理解する。
2)一般システム理論、サイバネティックス、自己組織性について理解する。
3)相談援助における援助関係について理解する。
4)相談援助における社会資源について理解する。

科目名 相談援助の理論と方法II
単位数 2 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

「相談援助の理論と方法I」では、「人と環境の相互作用」および信頼関係に基づく専門的援助関係について学習してきた。この「相談援助の理論と方法II」では、相談援助の展開過程について具体的に解説していく。抽象的な概念を理解しやすくするため、相談援助の過程について事例を使用しながら学んでいく。
1)ケース発見から実際に援助が実施されるまでの過程を理解する。
2)モニタリングや評価、効果測定及び予防について理解する。
3)ソーシャル援助のための面接技術、記録の技術、交渉の技術について理解する。

科目名 相談援助の理論と方法III
単位数 2 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

福祉課題を抱えているクライエントを支援するときには、各種福祉サービスを活用するが、それと同時に社会福祉専門職が、相談援助技術を駆使しながら係ることが求められる。本授業では、「相談援助の理論と方法IV」の前段階として、具体的な援助技術について学習していくこととする。
1)ケースマネジメント(ケアマネジメント)の基本、特徴、について学ぶ。
2)コーディネーションとネットワーキングについて、実践に必要な知識や技術を修得する。
3)さまざまな実践モデルとアプローチについて学び、実践での支援の基盤を構築する。

科目名 相談援助の理論と方法IV
単位数 2 授業形態 メディア
標準履修年次 2年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

社会福祉サービス利用者、福祉課題を抱えているクライエントを支援するときには、各種福祉サービスを活用するのであるが、それと同時に社会福祉専門職が、相談援助技術を駆使しながら係ることが求められる。本授業では、「相談援助の理論と方法III」に引き続き、具体的な援助技術について学習していくこととする。
1)スーパービジョンとコンサルテーションの技術について理解する。
2)ケースカンファレンスの技術について理解する。
3)相談援助における個人情報の保護、情報通信技術の活用、事例研究・事例分析について学ぶ。

相談援助の技術

科目名 相談援助演習I
単位数 2 授業形態 メディア・スクーリング
標準履修年次 1年次 開講期 1学期~2学期
授業の概要

社会福祉士が専門的業務を展開する上で必要とされる基本的な知識・技術について、基礎的な事柄から、その活用のあり方に関して、個人・集団指導を通して学んでいく。
1)ソーシャルワークの価値に基づいて、実践で何を目指すべきかを述べることができる。
2)ソーシャルワークの基本的な視点と知識に基づいてクライエントの状況を多面的に理解し、他者がわかるように説明することができる。
3)ソーシャルワーク実践の評価について理解しており、実践についての自己評価ができ、それを実践の改善に役立てることができる。

科目名 相談援助演習II
単位数 4 授業形態 メディア・スクーリング
標準履修年次 2年次 開講期 1学期~3学期
授業の概要

「相談援助演習I」に続き、社会福祉士が専門的業務を展開する上で必要とされる基本的な知識・技術について、総合的かつ包括的な援助及び地域福祉の基盤整備と開発に係る具体的な相談援助事例を体系的にとりあげ、個別指導並びに集団指導を通して、具体的な援助場面を想定した実技指導(ロールプレーイング等)を中心とする演習形態により行う。
1)ソーシャルワークの価値に基づいて、子育て支援の事例について検討する。
2)ソーシャルワークの基本的な視点と知識に基づいて、高齢者のエンパワメント事例を検討する。
3)ソーシャルワーク・インクルージョン、ソーシャル・エクスクルージョンについて事例を通じて考える。

科目名 相談援助演習III
単位数 4 授業形態 メディア・スクーリング
標準履修年次 3年次3学期~4年次2学期 開講期 -
授業の概要

「相談援助演習I・II」に続き、総合的かつ包括的な援助及び地域福祉の基盤整備と開発に係る具体的な相談援助事例を体系的にとりあげ、個別指導並びに集団指導を通して、具体的な援助場面を想定した実技指導(ロールプレーイング等)を中心とする演習形態により行う。
1)ソーシャルワークの価値に基づいて、相談援助のプロセスについて考える。
2)ソーシャルワークの基本的な視点と知識に基づいて、ロールプレイに取り組み、支援のあり方について考察する。
3)ソーシャルワーク実践理論・アプローチについての理解を深める。

科目名 相談援助実習指導I
単位数 3 授業形態 メディア・スクーリング
標準履修年次 3年次 開講期 1学期~2学期
授業の概要

「相談援助実習」は、高齢者、障害者、児童、地域、行政など様々な分野や種別に配属され、実習が行われる。
そのため、「相談援助実習指導I」では、単に「職場体験」や「特定施設での援助体験」をすることではなく、通底的・普遍的なソーシャルワーク技術を学び体得することを目指す。その事前準備に取り組むこととなる。
1)相談援助実習の意味・必要性・基本的態度について理解する。
2)様々な実習施設・機関の役割・機能、職員体制等をそれぞれ調べる。
3)相談援助に即した実習計画を立案する。
4)相談援助に即した実習計画(実習生、実習担当教員、実習先の実習指導者との三者協議を踏まえた)を立案し、作成する。

科目名 相談援助実習指導II
単位数 3 授業形態 メディア・スクーリング
標準履修年次 3年次3学期~4年次2学期 開講期 -
授業の概要

「相談援助実習指導II」では、事前指導に加え、高齢者、障害者、児童、地域、行政など様々な分野や種別に配属された後に、事後指導として行われる。実習での振り返りを中心に、利用者や現場職員と接した体験をもとに、相談援助のあり方について確認していく。また、振り返りの一環として報告書の作成や報告等も行う。
1)各自が実習先の施設・機関の紹介、実習内容等の報告を行う。
2)実習総括レポートの作成を行う。
3)実習先からの評価表をもとに、相談援助実習に対する自己評価を行う。

科目名 相談援助実習
単位数 4 授業形態 実習
標準履修年次 3年次4学期~4年次1学期 開講期 -
授業の概要

「相談援助実習」は、様々な分野や種別に配属され、24日以上、180時間以上取り組むこととなる。それは単に「職場体験」や「特定施設での援助体験」をするだけではなく、個別の場での体験を通じながらも、援助実践現場に出ても対応できる通底的・普遍的なソーシャルワーク技術を学び体得することである。
1)あらゆる相談援助場面でどのようにソーシャルワークが展開されるのか理解する。
2)「ミクロ」「メゾ」「マクロ」ソーシャルワークに関する体験を理解する。
3)「個人アセスメント体験」と「地域アセスメント体験」を理解する。

入学に関する問合せ

入学相談室:03-3344-2222
(10:00~20:00 日曜・祝日、8/13~15、12/27~1/5を除く) nyugaku@internet.ac.jp

TOP