教養教育科目:両学部・学科共通

現代社会の課題を広範囲にカバーする教養教育科目。
幅広い選択肢の中から、目的や興味に応じて選ぶことができます。

<授業形態について>
・メディア ・・・ PCやスマートフォン等で受講できるメディア授業

教養教育科目:キャリア形成科目/健康科目

キャリア形成科目

科目名 ボランティア論
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 1年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

「ボランティア」は多くの人々に知られる言葉となっている。しかしながら、その意味を問われると答えに困るのではないだろうか。ボランティアとは何かについて、基本的な考え方、歴史、関連法制度、関係機関、実践的な取り組み、事例をあげながら理解を深めていくこととする。
1)ボランティアの理念、歴史、法制度、関係機関、担い手について理解する。
2)社会福祉施設でのボランティア活動、地域社会でのボランティア(活動)の内容を確認する。
3)災害支援ボランティア(活動)等について検討する。

科目名 キャリアデザイン
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 1年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

本科目ではキャリアについての理解を深め、どのような職業人生を歩んでいくかについての理解を深めることが目的となる。講義を通じて以下の点について理解を深めていく。
1)キャリアに関する理論を通じて自身についての理解を深める。
2)複数のキャリア理論の知識を用いて社会状況と自らの現状を分析して、自らの将来を主体的に考える。
3)メンタリングやキャリア・カウンセリングについて理解を深める。

健康科目

科目名 運動と健康A
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 1年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

交通機関の発達や、サービス業界を中心とする働き方の多様化・複雑化等、現代社会の様々な発展の過程によって、現代人のなかには運動をする機会を逸している者もいる。しかし、人間の身体構造にとって、運動することがいかに大切であるかということを、本授業において、体の基本的構造や生活習慣病の観点から解説する。
1)人の体の基本的構造や生活習慣病について学ぶ。
2)疾病構造の変化を理解する。
3)運動することの重要性を理解する。

科目名 運動と健康B
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 1年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

本授業では、健康について概論的に触れながら、日常生活における健康を様々な視点から見つめ直す内容となっており、その上で、現在の健康を維持または増進させるような簡単な運動を実践的に紹介している。実践として取り扱う内容は、自身の身体の状態と向き合うことができ、各々、年齢や体力に見合った運動強度に調整しやすいものとする為、ヨガやバランスボール等を用いた運動を中心に紹介することとした。最終的には、持続的な運動習慣を身に付けることを目標としているため、本授業の受講後も、それぞれの日常生活に取り入れてほしい。

科目名 アスリートの心理と身体
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 1年次 開講期 1学期 3学期
授業の概要

選手の心理と身体における問題点を、研究の知見と、当事者の言説から学ぶことで、健全な心理状態と健康な身体を維持するための方法を修得する。
1)スポーツをめぐる研究を概観し、トップアスリートの身体的問題、心理的問題の所在を明らかにする。
2)スポーツをめぐる研究を概観し、また日本におけるスポーツ振興の問題を理解する。
3)元プロサッカー選手をゲストスピーカーに迎えて、プロサッカー選手の身体と心理の問題を理解する。
4)フィットネス協会理事をゲストスピーカーに迎えてフィットネス文化を学ぶ。
5)元プロ野球選手をゲストスピーカーに迎えて、プロ野球選手の身体と心理を学ぶ。
6)ピラティスインストラクターをゲストスピーカーに迎えて、その歴史と手法を学ぶ。
7)教員の実務家としての取材経験(フィールドワーク)からオリンピック代表選手選考における問題点や、選手の心理、引退後の進路等を学ぶ。
8)健康な精神を維持する方法と健康な身体のための運動方法をゲストスピーカーから学ぶ。

科目名 脳とこころ・身体
単位数 1 授業形態 メディア
標準履修年次 1年次 開講期 2学期 4学期
授業の概要

本講義では、人びとが身体・こころ・脳をめぐる問題をどのように考えてきたのかを、関連する社会学や哲学の理論や思想の概要を参照しながら解説する。また、現代社会の日常的な実践や思考、治療・ケアといった事例も扱い、具体的な文脈からも検討していく。
1)身体・こころ・脳をめぐる、社会学や哲学の主要な理論や学説の概要を学ぶ。
2)こころや性格、パーソナリティをめぐる社会学の主要な理論や学説を学ぶ。
3)先端医療や脳神経科学などを事例に、脳に関する最新の社会学の研究動向を学ぶ。

入学に関する問合せ

入学相談室:03-3344-2222
(10:00~20:00 日曜・祝日、8/13~15、12/27~1/5を除く) nyugaku@internet.ac.jp

TOP